DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
クドカン(宮藤官九郎)が相変わらず大忙しのようです。

ちょっと過去の作品を振り返ってみましょう。

脚本を担当した作品だけでこんなにあります。

映画

『GO』(2001年、金城一紀原作)
 2002年日本アカデミー賞最優秀脚本賞の受賞作品。 『ピンポン』(2002年、松本大洋原作)
『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』 (2003年)
『アイデン&ティティ』(2003年、みうらじゅん原作)
『ドラッグストア・ガール』(2004年)
『ゼブラーマン』(2004年)
『69 sixty nine』(2004年、村上龍原作)
『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005年)

テレビドラマ

『コワイ童話』「親ゆび姫」(1999年、TBS)
『池袋ウエストゲートパーク』(2000年/2003年 TBS 石田衣良原作)
『ロケット・ボーイ』(2001年、フジテレビ)
『木更津キャッツアイ』(2002年、TBS)
『ぼくの魔法使い』(2003年、日本テレビ)
『マンハッタンラブストーリー』(2003年、TBS)
『タイガー&ドラゴン』(2005年、TBS)
『吾輩は主婦である』(2006年、TBS)

舞台

『ウーマンリブ」』シリーズ
『鈍獣』(2004年) 第49回岸田國士戯曲賞受賞。
『メタルマクベス』(2006年)

個人的に好きな作品ベスト3をあげるなら、

 ■池袋ウェストゲストパーク
 ■木更津キャッツアイ
 ■タイガー&ドラゴン
でしょうか。



今後更改が予定されている作品も多く、映画だけで3本あります。

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006年)
「鉄コン筋クリート」(2006年)
『舞妓 Haaaan!!!』(2007年)

話題を振りまきそうなのは、やはり木更津のワールドシリーズでしょうか。

TBSは映画公開にあわせて、深夜の再放送をしてくれる事でしょう。

夜中にやっていると、ついつい観ちゃうんですよね^^;

来月上旬に予定しているウーマンリブシリーズ、松尾スズキと古田新のコンビなんですよね。しかも、クドカンが脚本を担当するのだから、面白くないわけがない。

正直観たくて観たくて仕方がないのですが、チケット予約にて撃沈しました・・・。

当日券で観ると、お尻がかな~り痛くなるんですが、行ってこようかしら・・・。

最後まで読まれた方は、ポチっとお願いしますm(_ _)m 大昔ランキング上位の人ってお金もらってるのかな?と思っていたのですが、実は一銭もはいりません・・・。管理人のやる気が上がるだけ(笑)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/25205/
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


松尾スズキ


松尾スズキ松尾 スズキ(まつお すずき、本名松尾勝幸、1962年12月15日- )は、日本の俳優、演出家、脚本家、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業



copyright © さっぱり動画ニュース all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。